鈴木すみ子 行政書士事務所



以下本文(本文をとばす

著作権とは

著作権は知的財産権(知的所有権)の一つで、著作者の権利と著作隣接権があります。知的財産権には著作権のほかに産業財産権(工業所有権)と種苗法(育成者権)などがあり、これらは権利を取得するために「申請」「登録」などの手続きが必要です。著作権はこうした手続きを一切必要とせず、著作物が創られた時点で自動的に付与するのが、国際的なルールとされています。では、どうして著作権は保護されるのでしょうか?著作権は登録制度は禁止されています。しかし、あなたが何らかの形で自分の意思を表現したものにはすべて著作権が発生するのです。公に発表されたものは特に多くの人の目に触れます。他の人があなたの発表したものを気に入って無断で借用しないよう保護するために著作権法は作られました。日本が近代的な著作権法を備えたのは、明治32年(1899年)。この年同時に著作権保護の基本条約である「ベルヌ条約」を締結しました。その後昭和45年に至って全面改正が行われ、最近では「知的財産戦略」の確立・推進など、国全体として著作権の知的財産を重視していく動きを踏まえ、制度の見直しが行われており、著作権法は毎年のように改正されています。つい最近、私のところに届いたダイレクトメールには、「この講演録を再活用する場合には著作権の使用許諾書が必要になります。その費用は…」と記載されていました。ぜひ、皆さんも著作権についてお考えください。

2006/5/29 更新

< back著作権とは

-

お問い合わせはお気軽に


以下案内(案内をとばす

行政書士事務所

menu↓

マイプライベートルーム

menu↓

お問い合わせ